テレビのある暮らし

こんにちは、心理カウンセラーの大内です

本日はゆるい内容ですが、すみませんたまにはこんな感じで。

みなさんは1日テレビをどのくらい観るでしょうか


さいきんテレビをぜんぜん観ない。DVDレコーダーとかももはや野暮ったいと思う。ネットのおかげで欲しい情報をいつでも好きなときに取りにいけるようになったから、それで十分だ。しかし。。お年寄りとか小さな子供のいる家庭などは、テレビの存在はありがたい。電源押せばいつもの番組が癒しをくれる



テレビ離れ

総務省の発表によるとテレビを観る世帯は年々、減っているようですが

昔はテレビを皆が囲んで学校や会社で話題にしたり、

はたまた話題についていかねばと、また番組を楽しみにして

テレビ中心の生活があったものですが、

現在はインターネットの発達によって段々そういう機会は減っていったのかもしません。



テレビは観る場所を固定する

また、スマートフォンの普及により、好きなときに好きな場所で

情報やエンターテイメントを楽しめるようになり、

ある場所に固定されるメディアはうけなくなってきたのかもしません。



テレビはすぐつく、考えなくていい

リモコンを押すだけで見れる

それが、テレビのよいところかもしれないなと感じます。

人はほうっておくと考える生き物ですが、考えても全然進まないときがあります

そんなときはバタバタ動かず

のんびりとテレビを観る時間を作るのも手かもしれません

いつもの場所にいつもある、そんな場所に人が動くのではなく

人が寄ってくるのかもしれません。


クリスタルボウルと心理カウンセリングのアールフォレスト

クリスタルボウルと心理カウンセリングの高田馬場駅前癒しサロン、14年目になります。 気軽にほっと癒される場所のご提供。テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」、NHK「ワールドTV」等に紹介されました。