クリスタルボウルとチャクラの関係【グラウンディング】の捉え方の間違いを整理

皆さんこんにちは、クリスタルボウル奏者の大内です。


今日はクリスタルボウルを演奏するうえで最も大切とされるグラウンディングについてお話ししたいと思います。

地に足を着けて過ごしたいと思うものの、なかなか難しいです。いわゆる小さなことの日々の積み重ねと思うのですが、積み重ねってなんだか修行のようなイメージがあります。その修行を楽しく毎日できないものかと考えることは楽しいくて自分に合ったやり方さえ見つけてしまえばあとは身体が動いてくれる


クリスタルボウルにとってのチャクラとの関係のだいたいの整理はこちらで記載しましたのでご興味ありましたらこちらもどうぞ

チャクラとかって怪しくないですか?【クリスタルボウルとチャクラ】の関係を整理する



クリスタルボウルとチャクラの関係:グラウンディングとは?


クリスタルボウルの講座で習うと1番最初に学ぶのがグラウンディングなのですが、

このとらえ方を間違っているスクールが本当に多いなと思います。



グラウンディング、これは日本語で「グラウンド=地」なので、

「グラウンディング=地に足がつく」のような意味になります。



クリスタルボウルではグラウンディングをちゃんと整えてから奏でることと

教わるのですが、地に足をついて演奏することが大切ということを意味しています。



そこで気になるのが「地に足がつく」とはどういうことか、ということです。

あ、今更ですが、第一チャクラはそのグラウンディングを司る場所になります。



地に足がつくとは大地に根付くとかのイメージで

足元がグラグラせずしっかりとしているということですね。



より具体的に表現しますと、生活が安定しているとか

どっしり、ゆったりとした心持ちでいるような状態を表します。



【グラウンディング】を実際にクリスタルボウル講座でどのように教えてもらえるのか


第一チャクラを意識してください、活性化してください、感じてくださいと言われます。

私は、それがよく分かりませんでした。

その理解に3年ほど、かかったかなと思います。



グラウンディングへの理解は最も大切でかつ、最も難しい事実

私がクリスタルボウルをとおして行き着くことができたグラウンディングの捉え方はとてもシンプルなものでした。



  • グラウンディングは簡単に鍛えられるものではない、毎日の過ごし方にヒントがある
  • グラウンディングは最も容易にその状態をチェックすることが可能



いわゆる「日常の過ごし方」が、グラウンディングに最も関係があるということです。

日常の過ごし方が適当だったりゆとりがない状態の人がクリスタルボウルを奏でると

やはりそれを現す音が出るのがクリスタルボウルの最大の特徴として挙げられます。



クリスタルボウルの「チャクラチェック」参考記事はこちらからどうぞ。

セッションメニューのページを更新、あの?人気メニューが復活!



グラウンディングを整えるということは演奏前だけでなくいつもの生活のなかで意識して整えること


第一チャクラの状態は日々、変化しています。開くこともあれば閉じてしまうこともありますし、その程度も「常に」変化しています。



グラウンディングをより開く、整える、鍛えるために意識を強めること

より、感謝を伝える

より、ゆったり過ごす

より、人に優しくする

より、豊かになる

より、結果を出す

より、学ぶ

より、シンプルになる

より、明るくなる

より、大切にする



もっともっとありますがだいたいは、こんな感じかと思います。

日々これらを常に意識して、「過去の自分」よりも出来ているかをチェックします。

簡単ですが、難しいことですし、また明確に状態が比較しやすい部分と思います。



グラウンディングはめちゃくちゃ楽しい分野ですね。

結果が出ると、過去の自分より上がっていると嬉しくなります。



いつもしっかり過ごしている人の演奏はやはり豊かで落ち着いているので

聴いた人がゆったり、のんびり、安心感に満たされた状態になります。


クリスタルボウルと心理カウンセリングのアールフォレスト

クリスタルボウルと心理カウンセリングの高田馬場駅前癒しサロン、15年目になります。 テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」、NHK「ワールドTV」にアールフォレストが取り上げられました。