クリスタルボウルは聴こえない音で癒す

皆さんこんにちは。クリスタルボウル奏者の大内です。

高田馬場駅前サロンを運営、13年目になります。


続けるって、活躍している人が口を揃えて言ってますね。ニュアンス変えても同じこと繰り返し言っているだけと思います。きっとコツなんてないと思っているのでしょう、振りかえてみたら続けたっていう事実はあるから、大切って言っているんでしょうね。だから私たちはそれにならったほうがいいですよね


クリスタルボウルの音は人の可視聴音域を遥かに超える音が豊か

表題のとおりなのですが、簡単にいうと

「耳に聴こえない音が豊か」であるということです。



演奏するときはこの聴こえない音をどのように操るかによって、

心身に与える影響が大きく異なってきます。



わるく言えば耳に聴こえる音だけにこだわってしまうと、

誰でも出せる音であまり印象が残らない状態になります。

それはヒーリングという意味での効果が出ないということになります。



ヒーリングという概念はもともとざっくり、しているというか

「目には見えない部分」を大きく動かして扱っていく分野なので、

クリスタルボウルのそういった概念と相性がよく合います。



クリスタルボウルの聴こえない音は誰にも聴き分けられない

クリスタルボウルの聴こえない音を操る技術

これはずばり、「経験」だと思っています。

どうしてか?それを長年のキャリアをもとに解説していきます。



私の経験からいうと、

3年目くらいでクリスタルボウルを辞めたくなったんです。

やっていてもあんまり「変化」がないからです。



いっつも同じ。

人間ってすぐ飽きちゃうんですね。

当時はあれこれ余計なことを「考え」ていました。



  • クリスタルボウルを広めたい、知ってほしい
  • これでいいんだろうか
  • どうやったら人が来てくれるだろうか
  • いい音を出すにはどうしたらいいんだろう



みたいな、ことです。

こういうのって、全て自分の「迷い」からきているんですね。




そういう人の音って、やっぱり内側が出ちゃうわけです。

そんなの、聴きたくないですよね。




でも普通の人にはこの違いはきっと分かりません。

比較することはあまり意味がないので、

ご縁でその人の音に出逢う、ただそれだけです。




クリスタルボウルの聴こえない音の魅力、恩恵が与えられるのは続けた人だけ


続ける、これはどの世界においても一緒ですね。

当たり前のことなんですがなかなか、できない。



私もアルバイト100も経験しましたね。

どれやっても「しっくりこない」



たぶん何やってもだめなんです。

だんだん自信なくしちゃいます。



でもクリスタルボウル「だけ」は続いてます。

だからもうクリスタルボウル以外の様々なことにまで

「全てに」自信を持てるようになりました。



続けることの恩恵はすごいです。

「勝手に」見えない音が聴こえるようになったり、

自信までついてきます。



そんな感じなので、

考えても仕方ないです。

コツを考えても意味ないです。



今やっていることを続けましょう。

3年は何も起こらないと思うくらいでいいと思います。



続けたら周りに誰もいなくなっているので

自分にしか見えない世界で

自分だけが楽しんでいればいいんです。


参考:クリスタルボウル講座のページ

クリスタルボウルと心理カウンセリングのアールフォレスト

クリスタルボウルと心理カウンセリングの高田馬場駅前癒しサロン、15年目になります。 テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」、NHK「ワールドTV」にアールフォレストが取り上げられました。