心理カウンセリングを3つの手法と比較することで見えてくる特徴とは

こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。


高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。

心理カウンセリングって何?という方も多いと思います。


心理カウンセリングとは、心理学を用いた専門的知見、知識のもと「個人」の「悩み」を解決していく手法です。


コーチングみたいなものですか?と聞かれることもありますがコーチングとはその性質が異なります。


今日はコーチングなど様々な手法と比較することで心理カウンセリングの特徴を説明します。



同じ出来事でもどうとらえるかによって 人の人生は変わりますね
何事もできればいいほうに解釈したいです


心理カウンセリングとコーチングの特徴

心理カウンセリングは心理学(心の仕組み)をベースにしつつ、まず「悩み」の原因を特定していきます。


悩みの原因はほとんどが過去にあります。過去をみればその人の状態が全て理解できるといっても過言ではありません。


いわゆる問題とされるのは「悩み」が何度も何度もおなじ繰り返しをしてしまうことにより「ストレス(自分の思い通りにいかない)」状態になるので、


そのストレスの解消法として問題の繰り返しが起こらないようにする解決法を導きだすことが心理カウンセリングの初段階における主目的といえます。


心理カウンセリングがコーチングと違うのは対話形式でセッションをすすめていくのではなく心理カウンセラーが専門的知見をベースとしつつもクライアント自らが解決に導いていくという方法です。


イメージ的にはクライアントが気づかないうちに自らの心が作り出した障害物を取り去りスムーズに人生を送れるようにナビゲートしているのが心理カウンセラーの役割となります。


心理カウンセリングとコーチングが一致しているところは講師や学校の先生が一方的に教えるようなスタイルはではなく「個人」自らがイメージしながら解決への道筋を「自分で」考えていくということです。


コーチングは「対話」のなかで目標、ミッションを達成していく手法なので、「悩み」というよりは仕事ややりたいこと、達成したいこと(ミッション)を話し合いながら、


コーチングを受けた人が「自分で」その道筋を導き出すやり方なので、簡単にいえば夢や自己実現のための道筋を対話しながら自分で見つけていくやり方です。



メンタリング、ティーチングの特徴

メンタリングは企業の終身雇用制度(会社に入れば一生収入が約束される)が崩壊し会社勤めへの不安感が蔓延しているタイミングで出てきたものです。


昔は先輩が後輩を面倒を見るようなことが当たり前でしたが、会社に一生勤めるという感覚がなくなると人間関係も短期的なその場限り今日でも次第に希薄化しつつあります。


また、昔は会社に人生捧げるといった感覚も多くの人に普通であったわけですが、終身雇用の崩壊した今日では見ることがなくなりました。


人間関係が希薄化すると先輩も後輩を面倒見る、指導するといったことも自然と弱くなってくるので、後輩は誰に教わったらいいか迷いますし何より心の、精神の繋がりも希薄化して不安を益々増長させるのです。


そこでメンタリングが一役かうのですが、メンタリングとはメンターとよばれる人が主体となって社員の不安を取り除き、会社にいてもらう期間をより長くして会社のコストパフォーマンスに寄与、貢献していく方法です。


メンターは心理カウンセリングとは異なり、よりメンターの力が強くなります。メンターはすでに成功している事例のようなものです。


あんな人になりたいと思われるようないつも身近にいる存在、相談できる存在でが居ることで、やる気(モチベーション)をその経験や成功体験から得た知識によってメンティーを会社へ定着化させ、さらには成功体験まで上げさせてくれる存在です。


まとめると、メンターは組織に入りたてなどで不安がある人にとってこうなりたいという成功象、見本でありメンティのモチベーションを維持、


さらには上げつつメンターの指導によりメンティーの組織への定着化、成功体験へと導く人ということになります。


ちなみにティーチングは、多くの人に馴染みのある手法で、教える人はティーチャーとよばれます。基本的には一方的に専門的知識を流し伝えていきます。


学校の先生、講師のようなもので他の手法と違っているところは基本的にティーチャー側が一方的に知識を流している点です。


心理カウンセリングの特徴まとめ

心理カウンセリングを、コーチング、メンタリング、ティーチング、、それぞれと比較することで

心理カウンセリングの特徴を分かりやすくご説明させていただきました。


心理カウンセリングは主に「悩み」(傷ついた過去の追体験を繰り返してしまうこと)の原因を見つけ出し、カウンセリング後はその罠に引っかからないようにすることにより問題が起こらなくなりストレスの緩和につながり心身ともに穏やかとなるところを目指します。


私のカウンセリング手法はさらにここでいうコーチング的要素も含まれるオリジナルの未来心理カウンセリングというべき手法となり、より自己実現に特化したものです。


全ての手法に共通して大切なことは、そのテクニックではなく愛からクライアントに寄り添い、クライアントが100%解決にむかうことを信頼して臨むということなのです。

それでは、今日はこのへんで。
 最後までお読みいただきありがとうございました。

ご参考>>心理カウンセリングについてはこちらの心理カウンセリングのページもご参照ください

クリスタルボウルと心理カウンセリングのアールフォレスト

クリスタルボウルと心理カウンセリングの高田馬場駅前癒しサロン、14年目になります。 気軽にほっと癒される場所のご提供。テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」、NHK「ワールドTV」等に紹介されました。