先を読むとは。心理カウンセラーの仕事を通じて理解する真意

先を読む力をつけたくて悩んでいませんか?


本記事では、心理カウンセラーとしての独自の視点からご紹介します。


先を読む力を身につけたいと思っているあなたは必読です。


こんにちは。心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者の大内です。  


高田馬場駅前サロンを運営、14年目となります。


心理カウンセラー、クリスタルボウル奏者・講師として生活、経営者としても活動しています。


こちらの記事は別ブログおおうち心理学を受けてクリスタルボウルセラピストとしての観点から


本日のテーマの内容をさらに深め、広げるために書いています。 

 

おおうち心理学の記事が気になる方はぜひこちらもご参照ください。

皆さんは先を読めますか?また、可能だと思いますか?


私は、可能だと思っています。


しかし心理カウンセラーになるまでは、不可能だと思っていました。



そこだけを間近で見たら大きくみえる
同じものを宇宙からみたら小さなもの


先を読む=スマートライフのはじまり

今の自分ががもし何かにものすごく囚われているとしたら、また、囚われていることにすら気づかないとしたら


自分が読めるというか、分からなくもなると思います。


先が読めるとは、いまをそのままにあるがままに、スマートに生きる力だと思っています。


どうして先を読むということが可能だと思えるようになったかは心理カウンセラーとしての訓練の繰り返しにありました。


心理カウンセラーとして最も重要になる訓練は、客観的に物事をみることです。


人の悩みを聞いて自分の主観を入れてしまっては単なる会話になってしまいます。


心理カウンセラーとしてまずは悩みを客観的に整理することが何より求められるのですが、

意外と、これが難しいことだと気がつきはじめます。


そして、自分がいかに主観まみれで人生を生きているかということにも気がつき始めます。



先を読むことに必要なことは色眼鏡をはずすこと

  • こんな「はず」ではなかった
  • あの人はきっとこういうタイプだ


様々な色眼鏡をつけている状態は、人生のドタバタ劇の大きな要因となります。


期待が強い、期待に答えようとしていると今をあるがままにみて、生きることができません


人を自分の価値観の中にいれようとしていると、人の魅力や才能に気づくことがありません


先を読むとは、シンプルに生きること。


私たちがいかに何かにとらわれて生きているかもしれないという自分に気がつくことができれば


物事をあるがままにみることができてこれから先に起きるであろうことをゆったりと見つめることができれば


自分にとって適切な判断をすることができ人生が楽になります。

先を読む=あるがままに生きる

どうして先を読めるのですか?そう言われることが多くなると


あれ?先を読もうとしていたっけ

なんでもかんでも自分の思い通りにしようとしてたけど、そうはならなかったのです


それをやめたら、いまの自分に何がおきるのか、何をしたらベストなのかがだんだん少しずつみえてくる


心理カウンセラーの訓練をとおしてありがたいことに気づかせていただいたことだと思っています。


そしてこの気づきが心理カウンセラーの仕事をとそいて沢山の人のお役にたてますようにと思います。


また、自分の人生にこれからも役立てますように。


先を読む=あるがままに生きる。


それでは、今日はこのへんで。  


最後までお読みいただきありがとうございました。   

クリスタルボウルと心理カウンセリングのアールフォレスト

※現在サロンは休業中です(R1.4/11〜5/末まで)「東京都における緊急事態措置等」により。 クリスタルボウルと心理カウンセリングの高田馬場駅前癒しサロン、14年目になります。 長年の経験と技術により気上げ、結果へと導きます。誰もが気軽にほっとできる場所のご提供。 テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」、NHK「ワールドTV」にアールフォレストが取り上げられました。